望月通陽

2012/03/27

Michiaki Mochizuki

望月通陽(もちづきみちあき)プロフィール

1953年 静岡市生まれ
染色、陶芸、ガラス絵、版画、木彫、ブロンズなど多様な技法を用いて独自の作品世界を築いている。「宮本輝全集(全14巻)」など装幀も多く手がけ、’95年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。画文集「道に降りた散歩家」で’01年ボローニア国際児童図書展賞ラガッツィ賞受賞。

 

[ 個展 ]

ギャラリー椿(東京)、ギャラリー無境(東京)、松明堂ギャラリー(小平)、うつわ菜の花(小田原)、gallery feel art 0(名古屋)、ギャラリーアリア(岐阜)、gallery yamahon(伊賀)、正観堂(京都)、ギャルリ プチボワ(大阪)、gallery ONO(岡山)、ギャラリーたむら(広島)、ギャラリーen(高松)、みさき画廊(大分)、工藝風向(福岡)、壺中楽(鹿児島)など多数。

 

[ 出品 ]

1992 「本の宇宙-詩想をはこぶ容器展」栃木県立美術館

1995 「日本のブックデザイン展1946-1995」ギンザ・グラフィックギャラリー

2001 「本という美術-大正期の装幀から現代のオブジェまで-」うらわ美術館

2001-2002 「Le Immagini della Fantasia 19」Sarmede Italy

2002 「GLI ALISEI-貿易風-」 Certald Italy

2003 「BOOK DESIGN NOW 2003」特種製紙総合技術研究所Pam

2012 望月通陽展「ことばの森から」絵本美術館 森のおうち(安曇野)

 

[ 作品集 ]

●DAS NIBELUNGENLIED/ニーベルンゲンの歌(ギャラリー椿)

●出埃及記、オイディプス、パイドラーの恋、あがめむのん、Frau Trude(湯川書房)

●クリスマスの歌、サリーガーデン・イギリスの愛の歌、道に降りた散歩家(偕成社)

●望月通陽作品集・円周の羊(新潮社)、詩篇の水辺(桜華書林・THE CALYPSO PRESS)

●画文集・方舟に積むものは(筑摩書房)

●銅版画作品集「部屋の迷子たち」「夜の迷子たち」「迷子の人形」(マグノリアプレス)

●私設書局 THE CALYPSO PRESSより

CALYPSO、十二の寓話集、Esopus、BWV82 ICH HABE GENUG、Die drei grunen zwige、

BWV202 Weichet nur, betrubte Schatten、Deutsche kinderreime、裸眼のヨブ、古楽府蓮歌Ⅰ,Ⅱ、

7通の手紙、追いまわす鐘

 

[ 装幀 ]

1991 「Sphinx スフィンクス」アンヌ・ガレタ著(新潮社)

1992 「宮本輝全集」(新潮社)、「屋上で遊ぶ子供たち」辻仁成著(集英社)、「渋谷天外伝」大槻茂著(主婦の友社)、「クリスマスの歌」(偕成社)

1993 「人生の果樹園にて」大岡信著(小学館)、「ミラクル」辻仁成(講談社)、「言霊の天地」中上健次・鎌田東二著(主婦の友社)、「ラブ・ピーシィズ」紫門ふみ著(角川書店)、「中国の不思議な物語」峰尾邦夫著(同文書院)

1994 「密やかな結晶」小川洋子著(講談社)、「仮の約束」多田尋子著(講談社)、「サリーガーデン・イギリスの愛の歌」(偕成社)

1995 「こいびとになってくださいますか」大西泰世著(立風書房)、「生き物たちの部屋」宮本輝著(新潮社)、「早く家に帰りたい」高階杞一(偕成社)、「歌手、その青春の位相」「花綵列島」高城隆著(木犀社)、「地域デザインへのモノローグ」山本誠著(OKI.AA)

1996 「ニュートンの林檎」辻仁成著(集英社)、「スプーン」志賀泉著(新風社)

1997 「そこに文字が」金田理恵著(筑摩書房)、「虫くい」山室一広著(集英社)、「ことばが映す人生」大岡信著(小学館)

1998 「悪の花」A.ランボー著・杉本秀太郎訳(彌生書房)、「くりやのくりごと」林望著(小学館)、「ワイルド・フラワー」辻仁成著(集英社)

1999 「風下に立つ」辻未知(私家版)

2000 「道に降りた散歩家」自著(偕成社)

2001 「句集・万華鏡」田村紅子著(私家版)

2003 「根府川へ」岡本敬三著(筑摩書房)、「方舟に積むものは」自著(筑摩書房)

2007 「孤独にさようなら」辻仁成著(マガジンハウス)、

2008 「火用心」杉本秀太郎著(編集工房ノア)

 

[ 本の装画 ]

光文社古典新訳文庫、「ミラクル」辻仁成著、「左近の桜」長野まゆみ著、「ぼくたちが聖書について知りたかったこと」池澤夏樹著、「フルハウス」「家族シネマ」柳美里著、風の旅人Vol.31~37 など多数。

 

[ CDの装画 ]

リュート/つのだたかし、タブラトゥーラⅠ~Ⅳ、タブラトゥーラBEST、イスパニアの歌、悲しみよとどまれ、オフィーリアの歌、サリーガーデン、古歌、オルフェオの悲しみ、やさしい森よ、涙の形、夜の歌(ダウランド アンド カンパニィ)、OLD ENGLISH CAROLS、サンタマリア、天使の歌、ノエル、聖母マリアの子守歌、クリスマスパスト、モンテヴェルディ・祈りの歌、ザビエル、巡礼の歌(女子パウロ修道会・テクラサウンド)、ピアノソロVol.1~vol.4/谷川賢作(トゥルバドールカフェ)、放浪、蟹、アルフォンシーナと海(ワーナーパイオニア)

 

[ 店舗ロゴ・マーク ]

和菓子菜の花(小田原市)、静岡呉服町名店街エンブレム(静岡市)、サリーガーデン(大分市)、PIZZA RIVA(広島市)、菓子チェカ(京都市)、レストラン・ルスティク(京田辺市)、Arashida(鎌倉市)、Meggen dolfer(鎌倉市) など多数。

 

[ 舞台美術 ]

1996 オルフェオの嘆き(衣装デザインと染、小道具、装飾布制作)銕仙会能楽研修所

2003 竹取物語(衣装デザインと染)東京藝術大学奏楽堂

2007 歌劇オルフェーオ(衣装デザインと染)北とぴあ さくらホール

2008 狂言 昆布売/二人小町(衣装デザインと染)松明堂音楽ホール

2010 夢十夜(装飾布、衣装)水戸芸術館ACM劇場

 

[ 装置 ]

広島ルーテル教会(広島市)、松明堂音楽ホール(新所沢)、和菓子菜の花、まんじゅう屋菜の花、箱根・ルッカの森(箱根湯本)、うつわ菜の花(小田原市)、静岡グランドホテル中島屋四川飯店、中島屋八幡別館ガーデンズ(静岡市)、Apaltment傳、Apaltment鶉(東京)、カフェフランドル(大垣市垂井)、Apaltment2122 KAYABACHO(東京)、ル・ジャルダン・グルマン(広島市)、日本赤十字豊田看護大学(豊田市)、四谷メディカルキューブ(東京)、昭和病院(小平市)、済生会習志野病院(習志野市)、HAUS WAHNFRIED 平和大通り(広島市)、ガーデンハウス仁川 山の手(宝塚市)、Bou(名古屋市)、大分オアシスタワーホテル(大分市)、サリーガーデン望月通陽ミュージアム(大分市) など。

 

[ 雑誌・記事 ]

1985 つむぎ染の絵本(季刊「銀花」第62号春)

1989 布に浮遊する形(別冊太陽’89Aug.)

型染画集「ニーベルンゲンの歌」(版画芸術第66号)

1990 牧神の午後への嬉遊曲(季刊「銀花」第84号冬)

1991 作家の美歴書(にっけいアート11月号)

1994 望月通陽「Mの辞典」(季刊「銀花」第97号春)

1995 寡黙の調べ-望月通陽の姿勢(イラストレーションNo.94 7月号)

1996 新潮社創立100年記念マーク、『新潮』表紙ほか

1998 染/版の仕事(版画芸術101号)

2001 INSPIRE The Happiness-HEAVEN Artist interview(Biem-美庵Vol.8)

2002 望月通陽・僕と絵の距離(版画芸術116号)

2002-2003 連載 月刊PR誌「ちくま」表紙画・文「方舟に積むものは」(筑摩書房)

2002-2006 連載 季刊「考える人」画・文「風に頼んだ手紙」(新潮社)

2003 独創の衣装が生まれるまで/音楽劇「竹取物語」の試み(季刊「銀花」第134号)

2007 ある染物屋の日常/望月通陽×赤木明登(「住む。」冬号Vol.19)

連載12回「月のめぐり」ガラス絵と文(淡交社)

2008 内なる表現を支えるもの(婦人之友 2月号)

2008-2011 連載「風の旅人」画・文(ユーラシア旅行社)

2009- G.グランシップマガジン「ジー」Vol.42~ 表紙作品と文((財)静岡県文化財団)

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.